ドメイン取得サービス

9月 10th, 2013

新規にドメインを取得する際には、国内で多くのホスティングサービスがあるので、そちらを活用してみてください。多くの場合は、レンタルサーバーを運営している会社が、同時にドメインの登録代行を行っています。

具体的には、「バリュードメイン」「お名前.com」など。そのほかにも多数のレジストラサービスを行っている業者があり、自分の求めている名前が空いているか(まだほかのユーザーから登録されていないか)を検索することができます。

多くの業者では、サーバのレンタルと共にドメイン取得を行えば、初期費用を割引する。という方式をとっています。

また、オールドドメイン、中古のドメインの場合には、SEO業者などでも販売されています。

自分の使いたい名前が新規に取得できないので、中古を探す。というケースだけでなく、中古のドメインであれば、過去にサイトが運営されているので被リンクを受けていたり、検索エンジンからの評価があり、アクセスを集めやすい。という点からも中古ドメインの市場が盛り上がっているのが現状です。
いずれにしても、ドメインはホームページの住所であり、顔でもありますから、自分が公開するコンテンツに沿ったネーミングを使うことが重要でしょう。

オールドドメイン 検索

9月 10th, 2013

少しでも価値のあるオールドドメインを見つけて購入し、自分のサイトに有効活用したい。そう思うユーザーは多いですが、本当に有益なオールドドメインを発掘するのは難しいのが現状です。

オールドドメインを検索する際に、キーワードとなるのは、検索エンジンからのページランク、被リンクの数、ドメインの取得日など。また、非常に優良な中古ドメインの場合には、Yahoo!のカテゴリーに登録されたまま運営がストップしているというドメインもあります。

この場合には、順次カテゴリーからドメイン(URL)が外されてしまうので、先に手に入れた者勝ち。という面があります。被リンクも同様で、期間が経つほどリンクは削除されてしまいます。つまり、ドメインにはある程度鮮度があるのですね。

ドメインの検索のためには、基本的にWhoisサーバーや検索エンジンを辿って内容をチェックしていくしかありませんが、これらを手作業で行うよりも簡単かつスムーズに作業することができるプログラムも販売されています。

また、SEO関連業者では、ある程度の品質を保持したドメインを販売していますので、自分で探すのが面倒であれば、そういった業者を使って時間を短縮するのも良い方法かもしれません。

[関連ページ]
オールドドメイン取得

中古ドメイン屋さん

9月 10th, 2013

近年では企業サイトを運営するユーザーだけでなく、個人でWEBサービスやアフィリエイトサイトを運営するユーザーも、SEO対策の点から、中古ドメインの購入を考える方が多いようです。

一般に、「中古ドメイン屋さん」と呼ばれるサイトやサービスがあり、ドメインの転売だけを専門に扱っている業者もあるのですが、ほとんどがドメインのホスティング関連の会社や、SEO関連のサービスを行っている会社が、自社で管理するドメインを販売したり、個人間の転売を斡旋したりしています。
どういった場所・サービスでドメインを購入するにしても、買手として注意しなければいけない点は、過去にそのドメインでどんなサイトが運営されていたのか? これを知ることです。

サイトのコンテンツの中身ではなく、どんな運営だったのか? たとえば、長期に渡って被リンクをコツコツと集めてきたサイトなら、検索エンジンからの評価も高いでしょうし、反対に、短期間でスパム行為を行ってビューを集めていたサイトなら、被リンクが枯れるスピードも速く、検索エンジンから警告されている可能性もあります。

SEO業者の中には、一定の品質をクリアした中古ドメインを専門に扱っている場合もあるので、まめに探してみましょう。

中古ドメイン屋

9月 10th, 2013

検索エンジンに対する最適化・SEO対策で、注目を集めているオールドドメインの取得ですが、検索エンジンに一定の評価を受けているドメインはどんな場所で販売されているのでしょうか? いわゆる中古ドメイン屋に関して、解説していきましょう。

まずは、新規にドメインをホスティングしている会社ですね。有名どころとしては「ムームードメイン」のようなサービスです。新しいドメインの登録代行だけでなく、ほかのユーザーが取得して、現在は使わなくなった中古ドメインの転売斡旋を行っています。

また、中古ドメインはSEO対策にとって重要なため、SEO業者も販売しています。SEO関連で販売されている中古ドメインの中には、検索エンジンからのPR(ページランク)が5以上であったり、被リンクの数が一定数以上のドメインなど、すぐにアクセス増加に結びつけることができるドメインを販売しています。

ユーザーに中には、現在運営しているサイトのサテライトサイトとして、中古ドメインを利用する方もいます。PRが5や6位上のサイトからリンクされているページは、比較的新しいコンテンツであっても、ページランクがすぐに上昇する傾向にあるため、有効なSEO対策といえるでしょう。

[関連サイト]
中古ドメイン - 中古ドメインを格安販売

seo対策

9月 10th, 2013

検索エンジンが判定する評価に沿って、自分のサイトを最適化するseo対策。その方法には、大きく2方面からの施策があります。

まずは、サイトの構造やページの文法に関する処理など内部で行う作業です。サイトマップを検索エンジン側に登録したり、ページ内のタグ構造を論理的に整合性のある形に整える。といった作業です。

具体的には、見出しの順番を守ってタグ付けする。検索でヒットさせたいキーワードを強調する。不必要にキーワードを列挙しない。など、ページの中を整理して検索エンジンから「優良なページ」と判断してもらう手順です。

もう一つの面は、ネットワーク全体から、そのサイトには価値がある判定を受ける方法です。多くの場合は被リンクの数で判断されますが、単にほかのサイトから、参照・リンクされているだけでなく、リンク元のサイトにも一定の基準を設けています。

いわば、形だけのページで制作されたジャンクなページからのリンクは有効でなくなってきており、一定のページランクの基準を満たしたページからのリンクが、「有効なリンク」とされます。過去には、とにかく被リンクさえあればよい。という方式だったのですが、いまでは被リンクにもクオリティが求めれられています。

【関連サイト】
SEO対策 – 業種別のSEO対策を詳しく解説